自然豊かな九州の 魅力を凝縮した、旅

Pocket

九州は、豊かな自然が広がり、食材にも恵まれ、人々を癒す温泉やパワースポットも多数。

今回は、4日間かけて、「クルーズトレイン ななつ星in九州」で九州を周遊するコースを紹介。

ゴールドの「ななつ星」エンブレムが映えるロイヤルワインレッドの車両。
昼は休息場に。夜はバーがオープンするラウンジカー「ブルームーン」。
ダイニングカー「木星」では、四季折々の旬の食材を端のできる。
“ななつ星in九州”にある14のゲストルームは、全てがスイートルーム。

CRUISE TRAIN ”SEVEN STARS IN KYUSHU”

1日目 歴史とロマンが漂う旅路

11時20分博多駅を出発。

昼食は、1972年(昭和47年)創業以来、“博多前”寿司の名店として、全国の食通が通い込む「やま中」。

玄海灘をはじめとする近海物の魚介類と、磨きぬかれた料理人の腕による握りたてのお寿司を堪能。

最初の目的地は、九州鉄道発祥の地・門司港。その後、大分県宇佐神宮を観光。(別府駅)

夕食は、全国的にも評価の高いフランス料理の名店「ジョルジュマルソー」。

州ならではの食材を贅沢に使用し、食材の特徴を最大限引き出したシェフの技で彩られたフランス料理を堪能。(車中泊)

2日目 九州の大自然を満喫

朝食は、「レストラン火星 olmo coppia(オルモコッピア)」。

自家菜園野菜と南阿蘇から届く露地栽培の無農薬野菜を中心に、オーガニックの材料を使った安全で心温まる手作り料理。

列車は世界最大級を誇るカルデラ地帯に佇む阿蘇駅に停車。

①早朝「草千里」バスプラン

②「阿蘇・豊後竹田」観光プラン

③列車滞在プラン

昼食は、大分駅 創作和食「方寸」。四季の移ろいや土地の情景を描き、器や盛り付けにもこだわるてまひまのかかった“心に美味しい”大分の料理を堪能。

由布院駅に14時30分頃到着。

①「由布院玉の湯

②「亀の井別荘

③「山荘無量塔」

3日目 太陽と絶景の南九州を訪ねて

別府駅を11時に出発。

昼食は、大分県杵築にある元禄11年 (1698年)創業の300年以上の歴史をもつ老舗料亭「若栄屋」。

『新しいけれども懐かしい…』「ななつ星」にも通じるそんな不変の味。

門川駅に14時15分着。宮崎市内を観光。田野駅を18時7分発。

夕食は、「マナーハウス島津重富荘」。

「ななつ星」最後の夜に、豊かでやさしい味わいと五感を刺激する薩摩のフランス料理で至福の時間を演出。(車中泊)

4日目 鉄道旅の魅力を味わう

朝食は、人吉温泉の老舗旅館 清流山水花「あゆの里」のシェフによる和洋ランチ。

「ななつ星」の旅の最後の食事を飾るにふさわしい、人吉の食を堪能。

人吉駅9時20分頃到着し、「人吉市内」を観光。12時45分頃に発車し、博多駅に17時30分頃到着。

詳細情報はこちら


 













Related posts:

タグ: